• 相模原市南区を拠点に活動するラグビースクール

    6月末から続く異例の猛暑日続きの中、初夏の二都県交流会に参加しました。

    この日も小雨が降ったり止んだりでしたが蒸し暑さが続き、体に堪える暑さでした。

    ラグビーといえば「魔法のやかん」を思い出す人もいるかもしれません。

    お父さん、お母さん世代は、部活中に水は飲むなとか、吐くまで練習しろ等と言われ、スポーツ=厳しくしんどいものでした。

    スポーツは根性で立ち向かう時代は終わりました。

    これからますます暑い季節になりますが、選手ファーストで安全に活動できるよう、さがみ・南のコーチはじめ周りの大人たちは子供たちをサポートしていきます。

    危険な暑さでしたが、熱中症やケガもなくよく頑張ってくれました。

    無理はしないで少しでも異変を感じたら、自分からも申し出るようにしてください。